FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故ピンク色?

何故赤系(ピンク色、肌色)のガネーシャ神を別格扱いするのか、ここで述べたいと思います。

ピンク色って、何故か不思議とファンタジーな感じを受けませんか?

「桃源郷」という言葉があるように、ピンク色には何か憧れや人を陶酔させるようなイメージがあります。これは別に日本に限ったことではなく、世界中の人が感じていることだと思います。

例を上げてみましょう。

ピンク色のゾウは、欧米では「PINK ELEPHANTS」(※必ず複数形)と言って、麻薬や飲酒時に見る幻覚の代名詞になっています。日本でいえは「耳にタコが出来る」のような表現といえば、分かり易いでしょうか。

実際に欧米人は、酒に酔った場合、ホントにピンクのゾウがたくさん行列を成して見えるといいます(笑)。ですから、ELEPHANTSと複数形になっているのです。

pink38C.jpg

そういえば、日本の童話でも「ピンクのゾウ」という話がありますね。

この話は、ある動物園のピンクのゾウが自らの消えかかりそうな体を何とかして欲しいと、ある探偵事務所にやってくるところから始めります。ゾウが語るには、閑古鳥が鳴くほどヒマな動物園にある人が「ピンクのゾウがいる!」と言い出し始めたところ、皆、その噂を耳にしてゾクゾクと動物園に押しかけ来て、「あっ、本当だ!本当にピンクのゾウがいる!」となり大騒ぎになったそyです。しかし暫く経って、今度は「ピンクのゾウなんていやしない!」とある人が言い出し始めたら、今度は皆打って変わって「本当だ、ピンクのゾウなんていやしない!」と言い出し始めた。それに従いゾウの体もだんだん薄くなってきて、探偵に相談している最中に完全に消えてしまったと言う童話です。

水野敬也・著の『夢をかなえるゾウ』は、この辺のエピソードも交えて書かれています。

ちなみに、「WHITE ELEPHANTS」と言えば、「無駄な、手に余る」という意味になります。これは昔、タイでは王様には珍しい白いゾウを献上する決まりになっていたのですが、王様が気に入らない部下を困らせるために白いゾウを下賜するのです。ゾウを養うには、それはたくさんのお金が掛かる為、このような表現が出来たといいます。

PINKGANESHA01.jpg
(とっても可愛いです♪)

下の動画は、ディズニー映画のダンボですが、このなかにピンクのゾウが出てくるシーンがあります。この時の曲、「PINK ELEPHANTS ON PARADE」は、コレが元でかなり有名な曲になっており、、今でもいろんな場面で人が幻覚に陥った際の表現として使用されている程です。

 

以上述べたように、ピンク色のゾウには、とてもファンタジーな香りがあります。

ガネーシャ神も頭部がゾウであることから、これがピンク色ならば、「ピンクのゾウ」を彷彿とさせます。ですからピンク色のガネーシャはノーマルよりもファンシーでおしゃれといえそうです。
(あくまで、管理人の考えですが。。。。)

更に極め付けは、
「願いが叶うスピードが3倍早い!」
という法則が都市伝説化されています。(爆)

シャア専用
(コレもピンクガネーシャ?)

実際、インドでもピンク色のガネーシャは多く見られることから、この色は人気があるのでしょう。こんな理由から、この会の名称を「ピンクガネーシャ」としたのです(笑)。

スポンサーサイト

聖地巡礼

私たち「ピンクガネーシャ同胞団」の聖地は、インド・ ***州のジャイプールです。

ここはローズピンク色をした砂岩で作られた建築物が多く、別名「ピンクシティ」と呼ばれています。ここは、かつてのムガール朝の都で、この名の示すように街はピンク色で統一されていて、とてもファンシーでオシャレな佇まいをしています。

Pinkcity
(風の宮殿)

ガネーシャ信仰は

PINKGANESHA08.jpg


年に1度のお祭りには、町中を大きな像(日本でいう神輿に該当、多くはハリボテ)が練り歩きます。

PINKGANESHA30.jpg

勤行作法

私たち「ピンク・ガネーシャ同胞団」には、特別な教義や作法などは存在しません。ただ、毎日、祭壇等に捧げものを供えて祈りを行い、その後、お下がりの「甘~い」お菓子を頂くという魅惑のお勤めを取り行います。(これが真の目的の人がいるくらい。)

ganeEAT.jpg


お祈りする場合は、ガネーシャに捧げる真言

「オン キリク ギャク ウン ソワカ」

を唱えてもいいかもしれません。

この真言を唱え相手の名前を呼べば、その人を呼び寄せられるともいいます。また、牛の体から生ずる「牛黄(ゴオウ)」(=牛の胆石、5gで4万円する)を百八回真言で呪しながら額に付けると、人から愛され敬われるともいわれています。

ただ、これは仏教に取り込まれた「歓喜天」に対しての真言なので、このように唱えないといけないわけではありません。

また、「Breathe」という雑誌で紹介しているガネーシャのマントラは、

「Om Gum Ganapatayei」
(オーム ガム ガナパーティー)
※大衆の最高指導者であるガナパティ(ガネーシャ神)に帰依いたしますの意

というのもあります。
これらのマントラに限らず、自分の好きな方法で行えば良いのです。

祭壇と信仰

私たち「ピンクガネーシャ同胞団」の考えでは、祭壇について特別な取り決めはありません。各々が好きな様式で行うのがベストであると考えます。

これは儀式を含め信仰に関ること全てにおいて、すべからく個人的なものであるべきだという考えからです。

不思議なことなのですが、どの宗教でも自らが崇める神の祭壇を用意し重要視しています。これはある意味、ヒトが最も落ち着く行動様式なのかもしれません。祭壇を作ることは、精神的拠り所を構築するという意味合いもありますが、祈りをする場所として非常に効果が高いことの証だとも思っています。

宗教によっては、偶像崇拝を禁止している場合があります。偶像が人々の依頼心を助長させ、俗物的に堕落するというのがその主な理由です。

PINKGANESHA06.jpg

この件について管理人の考えを述べてみます。

管理人は「現実世界は、本質的には(なかなか動かないけども)夢と同じような類」であると考えています。

実際、自分の脳内で見る外界は、眼球の水晶体を通じて網膜に平面的に投影された情報を電子パルスに変換し、脳に送られ再現した映像ににすぎません。一度、2Dという平面情報に劣化した情報を何らかのメカニズムにより、3D立体情報として再現して見ているわけです。

このことからハッキリ言えることは、「見えている世界」とは、実は自分の意識というスクリーンに投影した虚像に過ぎないということです。つまり、(脳内で見える世界に限っていえば)外界は自分の一部分でもあるわけです。

ですから、自分の身近な外界に祭壇を構築することは、即ち自分の意識内に祭壇を築くことにも他ならりません。別にガネーシャ神に限らず、自分が共感できるものを崇めればいいのです。

ただ、祭壇を構築して神を崇める場合のポイントは、「それが楽しいかどうか」です。

仏教ではこのことを「帰依」と表現していますが、この「帰依」もその崇める神をどのくらい敬愛し楽しめるかが重要だと思います。嫌や嫌ややってたのでは、祈りの効果は薄いのではないでしょうか。

インドの20世紀最大の聖者マハリシは、普通世俗に仕事を持つ一般的な人の場合、高次の世界に通じる最も簡単な道はパクティ・ヨガであり、「献身」と「自己放棄としての愛」の道であると説いています。また、R・シュタイナーも「認識の小道」のなかで、「尊敬」こそが高次世界(超感覚的世界)に通じる道であると述べています。

管理人は、高次世界に通じた時に「宗教的歓喜」(名前は気に入らないが。。。)が起きるのだと考えています。高次世界は存在の大元であり、「至福意識=歓びの世界」である為、そこに通じた場合、必ず「歓喜」がもたらされるはずです。ですから、「宗教的高揚」はヒトに予めプリセットされたひとつの機能だと捉えば、信仰を持つ、即ち、崇める神を持つことは、この高次世界へ到達する近道だと考えています。

「歓喜」こそが、人生に良きものをもたらすのです。
最近では、「引寄せの法則」として有名ですね。

ただ、この機能を活性化する術を宗教団体という組織が持ち合わせているのですが、会を脱退したい人に対して「永遠の命を得られない」「六道無限地獄に落ちる」というような脅迫観念を植えつけることで、教団組織の維持を図っているというのが実情です。

日本では、ここが宗教の嫌われる点ではないでしょうか。

実際、教団の上層部ほどその宗教の教義を信じておらず、下部の信者よりも信仰心が決して篤いとはいえず、教団組織運営にばかり頭を悩ましている姿がそこにはあります。

世の中には、大日如来、不動明王、お稲荷さん、カーリー、シヴァ、天照大神、スサノウ尊、サマートクマラ.....等、数え切れない程の様々な神様がいらっしゃいますが、本当に存在するかどうかは問題ではなく(否定も肯定も証明などは出来ない)、その個性的な神の概念を自己の中に取り入れて、どれだけ楽しめ実生活に役立たせることができるかいう点だけが、個人の信仰の全てでないかと思うのです。

信仰 = 喜びを得ること = 高次元世界の流れの受け止め という図式です。

本来、信仰に「脅し」など必要ないのです。
脅しがあるのは、他に隠された理由(組織維持・拡大)があるからです。

ですから、既存の宗教団体から一歩身を引いた自由な状態で崇める神を決める時、ガネーシャ神はその姿や性格からいっても、とてもユニークで愛すべき存在であり、また優れた資質を持っていると思うのです。

これが管理人がガネーシャに惹かれる理由です。
(あと、お下がりの供物のスイーツが目当てという点も大きい・笑)

ただ、神を崇める場合、注意しないといけないのは、一般に考えられているように、
「神>>>人間」ではないという点です。

旧約聖書のモーゼが紅海を割る場合にも神に命令を下しているように、本来、人は神に命令を下すべきものなのです。お願いした後にまた更にお願いするように、こちらから一方的に叶えたい内容を次々と指示すべき存在なのです。

つまり、「人間>>>神」という図式です。

この現実世界に顕現する「神」、つまり、言い切ってしまえば、あるひとつのパワーなり象徴は、本来、人の下に付くべきであり、この「神」を人間の上に置き崇めさせることは、実は宗教団体の上層部が人々を支配下に置く巧妙な手段でもあるのです。「神はこういった」とか都合の良いことを述べることで末端信者が素直にその指示に従うことは、上層部にとって、まるで自分が神にでもなったような替え難き魅力があるのです。

ここに「神」に翻弄される人々の悲劇があるのです。

My Ganesha (ガネ様自慢)

ここは会員様の自慢のガネ様を披露しあう場です。
お披露目する場合、この記事のコメント欄に説明と画像を貼って下さいね。

■会員№0001 ヤッズ★

(構想)
中央に配した桃色のガネーシャ像を取り囲むように、萌え萌えなフィギュアを多数配置予定。
これでガネ様も満足を感じてもらえる?

関連goods

ここでは、ピンクのガネーシャあるいはピンクのゾウ関係の商品を集めてみました。世界中で人気があるのが分かると思います。


ガネ03


ガネ01


ガネ05


pink02.jpg


pink05.jpg


pink06.jpg


pink04.jpg


pink07.jpg


pink08.jpg


pink12.jpg


pink11.jpg


pink15.jpg


pink17.jpg


pink16.jpg


pink20s.jpg


pink21.jpg


pink25.jpg


pink09.jpg


ガネ04


pink18.jpg


pink23C.jpg


pink03C.jpg


pink13C.jpg


pink26C.jpg


pink30C.jpg


pink27C.jpg



関連書籍

あまり多くは出版されていませんが、ガネーシャ神やピンクのゾウ関連の書籍を集めてみました。

夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ
(2007/08/11)
水野敬也

商品詳細を見る


歓喜天とガネーシャ神歓喜天とガネーシャ神
(2002/03)
長谷川 明

商品詳細を見る


ピンクのぞうをしらないかピンクのぞうをしらないか
(1993/02)
佐々木 マキ

商品詳細を見る


ピンクのゾウのファースト・エイド・キットピンクのゾウのファースト・エイド・キット
(2000/12)
小林 加奈子

商品詳細を見る


以下は、洋書です。

Little Monk's GaneshaLittle Monk's Ganesha
(2008/04/30)
Pooja Pandey

商品詳細を見る


The Riddle of GaneshaThe Riddle of Ganesha
(1992/01/01)
Rankorath Karunakaran

商品詳細を見る


Eternal GaneshaEternal Ganesha
(2006/11)
Gita Mehta

商品詳細を見る


The Thousand Names of GaneshaThe Thousand Names of Ganesha
(2006/06/05)
Vijaya Kumar

商品詳細を見る


The Elephant Prince: The Story of GaneshThe Elephant Prince: The Story of Ganesh
(2004/10/15)
Amy Novesky

商品詳細を見る

入会について

(設立趣旨)
ガネーシャ神に心酔し、心から帰依した人の為のガネーシャ・ファンサイトとして設立。主な活動内容は霊験や礼拝に関する会員間の情報交換です。尚、当会の会員になられても年会費...等の費用は一切必要ありません。完全なWEB上で構成されるバーチャルな団体です。

pink22_20071224042235.jpg

(入会の条件)
立派な祭壇まで構えている必要はありませんが、ペンダント、水晶像...等何でもガネーシャ神を奉っていること、あるいは今後、奉る予定であることが入会の条件です。別にピンク色のガネーシャ神を奉る必要はありません。この色は管理人の趣味なだけです(笑)。

(申し込み方法)
この記事のコメント欄から会員の申し込みをして、「会員名簿」に掲載されれば会員登録は完了です。本名を使う必要はありません。HNだけでOKです。もし自分のサイトをお持ちならば、リンク先の記入もお願いします。


さぁ、入会はコメント欄へGO! ↓↓↓

会員名簿

(登録順・敬称略)

■会員№0001 ヤッズ★@管理人
運営サイト:煩悩くんフルスロットル
http://aioi.blog6.fc2.com/

■会員№0002 桃のこころ
運営サイト:やさしくしあわせに
http://momococolo.blog89.fc2.com/

■会員№0003 虚春
運営サイト:(-)

■会員№0004 香
運営サイト:QUINZE NIT
http://plaza.rakuten.co.jp/quinzenits/

■会員№0005 さくら
運営サイト:さくらがおもうこと、かんがえること
http://flowerhealing1.blog104.fc2.com/

■会員№0006 りぼん♡
運営サイト:(-)

■会員№0007 タイシ
運営サイト:(-)

■会員№0008 らっく♪ラック
運営サイト:(-)

■会員№0009 ぶんちょこ
運営サイト:ゆるりゆるりとゆるりかな。
http://hokkorisan.seesaa.net/

■会員№0010 ありむ元氣
運営サイト:(-)

■会員№0011 うさこ
運営サイト:世界を平和征服!カクセンジャー!!
http://rainbowafro.blog109.fc2.com/

■会員№0012 おだてぶたこ
運営サイト:(-)

■会員№0013 ユウ
運営サイト:シンクロリズム/きみであるために
http://ameblo.jp/yu115/

■会員№0014 りま
運営サイト:(-)

■会員№0015 ちょびれい
運営サイト:(-)

■会員№0016 アルチザン
運営サイト:(-)

■会員№0017 友佳
運営サイト:(-)

■会員№0018 みぃやん
運営サイト:(-)

■会員№0019 由希香
運営サイト:(-)

■会員№0020 月野
運営サイト:(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。