FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の諸力

「神」の諸力について説明したいと思います。

普通、「神」と言葉を聞くと唯一神のGODを連想してしまいますが、これは東洋的な発想ではなく、西洋、もっと厳密にいえば、中東的な発想の所産です。

東洋的な発想では、個々人に「精神」、つまり「精妙なる神」が宿っていると見て、その集合的な束を「神」と見なすのです。つまり東洋的な「神」とは、人を統御する太い精神的諸力の流れを意味します。

例えば、ある街で暴動が起きたとき、多くの人がある共通した情動に駆られて破壊行動を引き起こすのですが、この時、人々に破壊的衝動を起こさせた精神的諸力を「神」として見出すのです。インドの場合、この破壊的衝動を「カーリー神」と見出し、名付けています。

キリスト教をはじめ、西洋、中東の宗教は、個人と神は完全に切り離されたものとなっています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。